機材庫へ戻る トップページに戻る

 6x9.3°

ニコンのオリオン6倍は大正8年に設計され昼間用双眼鏡として重用された。大正13年陸軍制式に指定され、十三年式双眼鏡、または「制六」と称し将校の個人携帯用として士官学校および階行社に主に納入された。第二次大戦中は需要が急激に増え、昭和18年ごろには鏡胴鋳物は軽合金ダイキャストに変更されたが需要に間に合わなかった。生産は終戦まで続いた。ニコン以外の会社でも製作されたがこのマークのメーカーがどこか分からない。満州光学、鈴木光学との説があるが、これからの調査の課題である。。

機材庫へ戻る トップページに戻る