機材庫へ戻る トップページに戻る

Nikon Novar 7x50

大正12年ごろに設計製造を開始した。大型で重量もおもく一般には漁業用のほかあまり用いられず、海軍で航海見張り用に昭和初期から制式に使用された。陸軍でも昭和4年八九式双眼鏡といい重砲部隊や高射砲部隊で観測偵察用に使用した。第二次大戦が始まると需要が増大して、ニコンと工廠だけでは供給がまにあわず、製作図面が公開され、各工廠や多数の小工場でも生産するようになった。終戦後これらの工場の仕掛り品や在庫品がまとめられ空前のノバーブームを来たし銀座の露店にまで並べられたという。 (日本光学四十年史)

機材庫へ戻る トップページに戻る