トップページに戻る

夏 SUMMER

ヘラオモダカ
谷戸の湿地が少なくなって、めっきり少なくなってしまった。農薬などの散布のない細流で1株だけみつけた。大切にしたい。(2017-7)
キバナノショウキラン 
 太平洋側ブナ帯に分布する腐生ラン。黄褐色の花が9個ついている。神奈川県では箱根・丹沢のブナ帯の落葉樹や沢筋の杉林に発生するが少ない。この株は根府川の標高500bほどの林道脇で生育していた。(2017-6-20)

キマダラカメムシ
 
猛暑の中、涼しい風の抜けるサクラの大木で見慣れない大きなカメムシがいた。黄色の小さな斑紋があり、かなり異色ないでたち。サクラ、カキ、サルスベリ、などの樹木につき、公園や神社、街路樹などでよく見られるそうだ。台湾〜東南アジア原産の帰化種で、神奈川県でも、急速に分布を広げており地球温暖化の影響といわれている。  (猿ケ島 2016-7-5

ヒメヤブラン
ジャノヒゲと良く似ているが花をみればその違いは一目瞭然。ピンクの5oほどのかわいい花が咲いていた。(子安神社2016-6-30)
カワラナデシコ
河川敷に多く生育していたが、近年、生育環境が劣化、少なくなってきた。オオキンケイギクの駆除で訪れた、河川敷で思わぬ群落を発見した。オオキンケイギクに負けないよう頑張ってほしい。(相模川左岸 2016-6-5)

オオキンケイギク
数年前からシバシバ見受けられていたが最近爆発的に増殖している。特定外来生物に指定され、移動、販売、栽培など禁止されている。早めの駆除が求められている。(2014-5-30毛利台)
ウズラバタンポポ
1999年に横浜で初記録されてから13年目で愛川町半原で自生が確認された。(2012-6)
ムラサキツユクサ
梅雨の晴れ間の蒸し暑いが好きなようだ。
(6月3日)
ゴマダラチョウ
エノキの若葉に産卵した。アカボシゴマダラに負けないで育ってほしい。

ツマグロヒョウモン 
2〜3日前から来ていた。せわしく飛び回って、ときどきアメリカスミレサイシンに止まっていた。
厚木周辺で大発生
南方系の種。最近県内各所で発生が確認されている。大山山頂など山間部稜線沿いにも吹き上げられた個体がしばしば見られるようになった。--槐真史氏よりご教示 (8月24日 毛利台)
バライチゴ(バラ科
道端のがけが崩壊したようなところを好んで生えるようだ。大きな赤い実は美味しそう。白い花も同時に咲いていて、つぼみから果実まで観察できた。
。(07-7-29西湖・紅葉台)
タマゴタケ
たまごの殻から真っ赤なきのこ。思わずこれはたまご。お土産やの店頭でも売っていた。2本400円なり。もちろん食用になるそうだ。
(07-7-29西湖・紅葉台)
ヤマオダマキ(キンポウゲ科)
ガク片は紫褐色で花弁は黄色。白花もあった。園芸種にくらべて地味だが、林縁で見つけるといつも写真を撮りたくなる。神奈川県ではブナ帯の植物。
 (07-7-29西湖・紅葉台)
クサレダマ(サクラソウ科)
3枚の葉が輪生し、黄色い花を茎頂に円錐花序につける。が、みんな弓なりに林縁から伸びだしている。
(07-7-29西湖・紅葉台)
カヤラン(ラン科)
青木ガ原の樹林内はコケむした溶岩が、ゴロゴロ。林床の植生は貧弱だが空中湿度は高い。着生ランは居心地がよさそうだ。神奈川県では個体数1000株未満と推定され、絶滅危惧U類だ。
(07-7-29西湖・青木が原))
イトモPotamogeton Pusillus L.(s.l.) (ヒルムシロ科)
古い池やため池などの静水域を好む水草。神奈川RDBでは絶滅危惧U類。環境が整えばよく開花結実する。(厚木産栽培 06-8-24)
ミズオオバコ Ottelia japonica Miq.(トチカガミ科)
1年草。葉は根生し沈水生で葉柄がある。オオバコのような葉である。花は両性花。若い果実には翼がついている。「神奈川RDB」では減少種。     (長谷 8月27日)

トップページに戻る