機材庫に戻る トップページに戻る

MONOCULAR

ケンコー(左)は8×20最短合焦30cm。ニコン(右)は7×15最短合焦80cm。いずれも美術館や博物館での展示物観察に便利だ。
PRIMA銘がある。住宅街をまわる電気メーターの検針員が使っているそうだ。猛犬に吠えられ、メーターに近寄れないときに覗いて数字を読み取る。色収差も歪みも関係ない。∞〜23pまでピントが合う。マクロ観察に威力を発揮している。ルーペの代わりにもなり大満足の一品である。
ニコンBINOCULAR 6X15D 取説から1988年ごろの製品と読み取れる。未記入の保証書、取説、ケース、外箱とすべて揃ったデットストック品。最短合焦3m

機材庫へ戻る  トップページに戻る