機材庫へ戻る   トップページに戻る

二式角型双眼鏡 (旧日本陸軍砲隊鏡)

対物レンズ有効径: 26o
倍率: 8倍
実視界: 6°
ヒトミ径: 3.3o
製造: 日本光学工業株式会社


カニメガネといわれたツノ型双眼鏡は主として陸軍用の砲隊鏡で、敵陣地の偵察・弾着観察等に使用された。何れも潜望式で、なかでもツノ型は接眼レンズ附近を中心にして鏡筒が左右に開き、浮き上がり度を増加し、縦深の地形偵察に適している。昭和17年(1942)二式として正式に陸軍に採用された。    (四十年史 日本光学工業)

機材庫へ戻る  トップページに戻る