トップページに戻る

秋 AUTUMN

アキグミ(2016-9 酒井・相模川河川敷)
エサキモンキツノカメムシ(2016-9-1)

ミズワラビCeratopteris thalictroides
ミズワラビは本州(新潟、関東以南)の各地、世界の熱帯から亜熱帯に広く分布する一年生のシダ植物で、水田や休耕田などに生育する。伊勢原、寒川、藤沢、茅ケ崎など湘南南部では分布しているが、厚木市ではこれまで産地の確認はされていなかった厚木新産地となる。神奈川県RDBでは準絶滅危惧種。(2014-11-6)
クルマアザミ
ノハラアザミの総苞片が大型放射状に変化したもの。和名のクルマアザミは、総苞片が放射状につく様子から、車を連想したもの。今はノハラアザミと同一種として扱われています。

秦野市弘法山(2013-11-10)
メキシコマツモ
田んぼの観察会のおり、見慣れない水草が水路にあるのを発見した。マツモのようだが神奈川県では絶滅危惧TB類。むかし普通に見られたようだが、現在は川崎、鎌倉、横浜、大磯にしか記録がない。新産地か!?……だが、よく調べたらどうも茎が赤く、外来種メキシコマツモのようだ。(12-9-1厚木市長谷)
ホソエノアザミ
頭花は短く細い柄がある。総苞は狭い筒状。総苞片は反り返る。(07-10-20仏果山林道)
アズマヤマアザミ
頭花は柄がなく葉腋にまとまってつく。総苞は狭い筒状で上部が少し細い。総苞片は短く、反り返らない。(07-10-20仏果山林道)
ツルニンジン
林道わきの有刺鉄線にからんでいた。この優雅な姿と有刺鉄線のアンバランスがおかしい。よく似て少し小さいバアソブは少なく、神奈川RDBでは絶滅危惧TA類。(07-10-15七沢)
ウラギンシジミ♂
1960年代までは少なかったが70年代以降増えだし80年代には普通種的な存在になった。食餌植物のクズが増えたのと、暖冬で越冬成虫の死亡率が低下したとされている。(05-11-9 毛利台)
ウラギンシジミ♀
朝、気温が低い時は翅を閉じてさかさまにぶら下がっていた。日が昇り暖かくなると日向に出てきて翅を広げて日光浴。閉じた翅は銀白色がまぶしい。(2015年11月5日毛利台)
カワラノギク
多摩川や鬼怒川などの限られた河原に分布する。相模川にも広く見られたがが、ダムや護岸など河川管理が充実して氾濫原がなくなり、絶滅危惧種となった。城山町・小倉では積極的に保護され見事に咲いている。 (11月10日 酒井・相模川右岸。 栽培されたものの生き残りか?)

タイワンホトトギス
台湾や西表島に自生する。本主を母種とする園芸種も多い。散房花序で茎の毛は開出する。茎の頂部が枝分かれし、先にたくさんの花をつける。(植栽 05-10-9)
ホトトギスいろいろ

アケビ
山のアケビが紫に色ずいた。もう食べごろだ。そろそろ野鳥も気づくだろう。(06-10-7 二の足林道)

ヤママユ♂
羽を広げると15cmもあり、巨大な蛾にびっくり。庭木のシラカシを選定していたらバタバタと落ちてきた。うまく飛べないようだ。成虫の口は退化してものを食べることができない。羽化した後は生殖だけで死んでしまう。大きなマユからは「天蚕糸」と呼ばれる最高級の絹ができる。
(9月25日毛利台)
ミソハギ Lythrum anceps(Koehne)Makino
田んぼの畦に自生していたが、ほとんど無くなってしまった。この株も植栽されたものかも知れない。盆花として旧盆のころから開花して親しまれている。最近、近縁の帰化植物ホソバヒメミソハギが田んぼを占領したようだ。休耕田一面に見られるところもある。(9月12日長谷)

ナンバンギセル(ハマウツボ科)Aeginetia indica L..
1年生の寄生植物。ススキやミョウガ、サトウキビに寄生する。名前とともにその姿が珍重され草物盆栽に作られる。細かい種をヤクシマススキの根元に蒔いておくと翌年、夏の終わりに続々と発生し自慢の盆栽となる。あまり沢山出すと寄主が枯れてしまうので注意。  9月1日
(植栽)

サネカズラ(マツブサ科)
Kadsura Japonica
(Thunb.)Dunal
別名ビナンカズラ。花期は8月。秋、肉質の花托の周囲に赤い実(核果)をつける。びっしり赤い実がついて球形状になったものはなかなか見つからない。丘陵地や山地の樹林内で普通にみられる。 (11月1日 毛利台)

ツチアケビ Galeola septentrionalis Rchb.f.
薄暗い林のなかで出会うとドキッとする。ナラタケ菌と共生するラン科の腐生植物。花期は6〜7月。秋にソーセージ状に赤く熟すと俄然人気が出る。毎年同じ場所同じ時期に出現するので写真撮影にはヨメル被写体である。  (9月4日 七沢・自然保護センター)

キクモ Limnophila sessiliflora Blume
夏の間に大きく育った。たんぼのイネが実り、水が抜かれる前に花を咲かせ実る。花は小さいがルーペで覗くとその造化に感嘆させられる。(9月14日 長谷)
コウヤボウキ(08-10-21伊勢原・三の宮)
アキノキリンソウ(08-10-21伊勢原・三の宮)
イヌコウジュ(08-10-21伊勢原・三の宮)
カラスノゴマ(シナノキ科) 2010-9-25長谷
生育地は移動するようで、普通に道端に生えているように言われるが、探すとなるとかなり苦労する。花の構造はかなり変わっている。雄しべが10〜15だとか仮雄しべなど……

ツメレンゲ
関東以西に分布するが神奈川県では希少植物。中津川堤防の自生地は逸出したものといわれるが、みごとな群落を作っている。

トップページに戻る