機材庫に戻る トップページに戻る

興和梶@30p測距儀

測距儀とは距離を測る道具。むかしのレンジファインダーカメラには基線長6〜8pぐらいの測距儀(距離計)がついていた。戦艦大和はニコン製の16mの測距儀が装備されていたと、カメラ雑誌で読んだことがある。いま、ゴルフのオジサンが使っているレーザー距離計は、ごく簡便だが正確。1万円台で売店で買える。この30p測距儀は海上自衛隊で使っていたらしい。光学兵器だ。

など光学製品を作っていたが、この時代こんなものも群にあったとは驚き。コルゲンコ

25m〜500mの目盛りが刻まれている 防衛庁錨マークのプレート

機材庫に戻る 

(2012-8-28)