トップページに戻る

春 SPRING

ツボスミレ Viola verecunda A. Gray
別名ニョイスミレ。サクラも散ってしまい、春、一番最後に咲くスミレ。ちょっと湿った水際などに群生する。葉がハート型で長い花茎の先に白い小ぶりの花を付ける。唇弁に細かい紫色の筋が入る(2013-4-20 宮ヶ瀬)

アケビコノハ Adris tyrannus ヤガ科の蛾。開張95100ミリ。幼虫の食草はアケビやムベなどアケビ科植物。ほかにヒイラギナンテンやカキにもつくそうだ。前翅が落ち葉にそっくりです。葉脈のような筋、色も茶褐色で絶妙な色彩となっていてこれは完ぺきな擬態だ。

 

玄関ポーチの奥まった灯に付いていた。雨が続き、急に寒くなったので緊急避難したのでしょうか。枯葉がこんなところにと思ったら動いたのでびっくりした。(2010-3-7)

シロバナハンショウズル
南関東から近畿地方太平洋側、四国、九州に分布。林縁に生える。(2009-4-18)
エサキモンキツノカメムシ
背中にハートマークを背負ったカメムシ。薄暗い雑木林の淵に住んでいる。(2009-04-18)
ナガミヒナゲシ(ケシ科)
最近、急速に分布を広げている。幹線道路沿いや駐車場の隅などクルマによって種子が散布されっるようだ。(2009-4-19)
ギンヨウアカシア(マメ科)
黄色い房をなして強風に揺れている。公園や住宅街でみかける。もともと亜熱帯の植物だが耐寒性もあり成長も早い。ミモザとも呼ばれる。(2006-3-30 毛利台)
ゴマダラチョウ
エノキの葉をモクモクと食べている。エノキを食草としてエノキと共に生活している。里山や街にエノキが少なくなって、この蝶も少なくなった。幼虫はエノキの落ち葉の下で越冬するが公園や庭の落ち葉は綺麗に掃除されてしまい。市街地ではなかなか見られなくなった。(2005-5-3 毛利台)
羽化の様子   アカボシゴマダラ羽化  
サトザクラ
清楚なソメイヨシノが散るとサトザクラ(ヤエザクラ)が咲き出す。花弁が多く、色もピンクから白、黄色やグリーンが混じったりと、華やかで、妖艶な雰囲気が漂う。(06-4-19  長谷)
シノブ
夏の風物詩、シノブ玉が新芽を出した。噴水のように勢いよく伸び、そのミドリとエネルギーは爽やかで頼もしい。(06-4-19  毛利台)
アカネスミレ Viola phalacrocarpa Maxim
乾きぎみの明るい丘陵地に点々と咲き、日本のスミレのなかでも茜色で華やかだ。
ウラシマソウ Arisaema urashima H.Hara
長い釣り糸を伸ばして、浦島太郎の釣りざおを思わせる姿。テンナンショウの仲間は皆奇妙な花(仏焔苞)をつける。
ミツバツチグリ Potentilla freyniana Bomm.
太陽に一斉に向かって「こんにちは」している。雑木林に葉が繁る前に花を咲かせ緑の葉をいっぱい広げていた。小野
ヒメスミレ Viola yedoensis Makino
住宅団地の造成地にヒメスミレの群落があった。まだスギナぐらいしか進出していない裸地で太陽を独り占めしていた。 まつかげ台 4月10日
ノジスミレViola yedoensis
スミレによく似ているが、葉が少し広くふちが波打つヨレヨレの感じ。翼はほとんどない。スミレよりやや早く開花する。全草に微毛がある。日当たりのよい草地、駐車場のすみなどに生える。(08-4-4長谷))
スミレViola mandshurica
すみれと一般にいえばこのスミレが代表だろう。よくただのスミレと呼んだり、マンジュリカといったり。れっきとした種名だが広義のスミレとこんがらがる。葉はヘラ型で翼が明瞭だ。日当たりのよいところを好む。歩道のアスファルトの狭い隙間に生えたりと変なところが好きだ。(08-4-4毛利台)
スミレViola mandshurica
白花のスミレ。紫色のすじが残る。
シロガネスミレf.hasegawaeと呼ばれる物かもしれない。
(08-4-4毛利台)

トップページに戻る