トップページに戻る

冬 WINTER

ルリタテハ
冬の野原は生きものが少なく寂しい。越冬中のルリタテハが暖かい日に舞っていた。(1月25日ぼうさいの丘公園)
シモバシラ(2014-1-11)
厳冬期の風物。晴れた寒い朝でないと見られない。
シモバシラに着く霜柱。アズマヤマアザミやコウヤボウキの枯れた茎にも発生していた。(宮ヶ瀬)
シロハラ(2013-1-16)
落ち葉をかき回して虫探し。なかなか明るいところにでてこなかった。
アオジ(2013-1-4)
ふだんはヤブの中を移動しており、人前に出て来るのはまれ。

アブラコウモリ
冬眠しているはずのアブラコウモリ♂がわが家の周辺で活動していた。ある晩、外水栓のバケツの水を飲もうとしたのか墜落して水死してしまった。(2012-2-10)
ヤドリギ
ケヤキの大木の頂上付近に寄生していた。ケヤキに葉が繁っていると分からないが、この時期葉を落とした高木で緑があれば、双眼鏡でのぞくと、良くみえる。標本は強風の後にゆくと下に落ちている。(07-1-7 伊勢原市日比多神社)
クチナシ(アカネ科)Gardenia jasminoides
秋からずっとこの姿。栗キントンの着色に使う。将棋や碁盤の足の形がこのカタチ。正倉院御物の碁盤の足はまだくちなし型になっていなかった。四国、九州にコリンクチナシが自生するが、神奈川県ではその変種クチナシも自生しない。(06年2月4日 七沢 植栽)
シナマンサク(マンサク科) Hamamelis
春に先駆けて“まず咲く”ので――マンサクだそうだ。この花を寒風なかで見つけるとホッとする。こよみは立春だがまだまだ寒い日がつづく。シナマンサクは枯葉が付いたまま花が咲く。(06年2月4日 七沢 植栽)
ミツマタ(ジンチョウゲ科) Edgeworthia chrysantha
和紙の材料となるのはこの細い枝。必ず三つに分かれる。花や葉がなくともすぐに判別できる。中国原産。
(06年2月4日 七沢 植栽)
フキノトウ
 ご存知フキの花。寒い冬が終るころ花を咲かせるので珍重するが、春が進み茎が伸びて30cmほどにもなると誰も見向きもしない。今年は寒かったせいか2週間ほど遅れた。早春の味覚として、そのほろ苦い味を佳とする。(06-2-27 愛名)
シキザクラ(バラ科)
ヒガンザクラの園芸種。11月ごろから咲いて花期は長い。冬に咲く花は小さく花柄は短い。別名ジュウガツザクラ。
(2月3日 伊勢原・三ノ宮)

ウメ
今年はウメの開花が早いと聞くが、厚木周辺では例年とあまり違わないような気がする。同じ品種でも開花の誤差は大分ある。大きな果実がなる「白加賀」も良く日の当たる暖かい所では咲きだした。(2月3日 毛利台)

トップページに戻る